働き方

2021年度版【リモートワークをしている人必見】リモートワークを行うことのメリットデメリットとその解決策とは?

現在コロナの現状で、「働き方」というワードが見直されています。引用:厚生労働省HP

2021年現在、COVID-19による外的要因によってリモートワークをしないといけない現場になり、大きな社会的変化が今現在も起きています。

ペンギンくん

リモートワークする会社は本当に増えたよね。

簡単にいうと、時間と場所の制約を受けないことがリモートワークの一番大きなメリットで、反対にデメリットとは近くで上司や同僚が働いている姿を見ることができないということです。

この記事では、リモートワークのメリット・デメリット、実際にサラリーマン、経営者の方を診療して感じる実体験や実際の企業事例からみる実態と注意点を踏まえて解説していきます。

ペンギンくん

実際にリモートワークをしているを客観的に見れる立場だから

そもそもリモートワークとは?

リモートワークとは英語のリモート(Remote:遠隔)に働くという意味の言葉から生まれた新しい言葉です。

実際にリモートワークという言葉はだいぶ前から言われていて、実際にブロガーやプログラマーが旅行しながら仕事をするという形のことを指していました。

フクロウくん

ひと昔は旅行しながら働く人を指す印象だったのにね

しかし、COVID-19の影響で実社会では所属する会社に通勤をせずに自宅やカフェ、コワーキングスペースなどで仕事をするもの全般をリモートワークと指すようになってきました。

情報通信技術の発達によって、家にいてもネットとパソコンがある場所であればどんな時間であっても働くことができるという新たな働き方の選択肢の一つとして登場してきました。 

参考:総務省HP 「テレワークの推進

ペンギンくん

これからの働き方のトレンドだね

リモートワークで得られるメリットとは?

リモートワークは、わざわざ在籍する会社に出勤することなく時間や場所の制限なく働くことができるスタイルのことを指します。

実際にこのリモートワークは企業側にも、サラリーマン側にもそれぞれメリットがあります。

それぞれの視点からリモートワークという働き方で生まれるメリットについて解説していきます。

サラリーマンにとってのメリットとは

リモートワークで働くことで従業員(サラリーマン)側は本当に大きなメリットがあります。大きく分けて3つのメリットが生まれます。

  • ワークライフバランス
  • 仕事と育児介護との両立
  • 通勤にかかる時間やストレスの軽減

仕事と生活の両立と訳されていて実際には仕事と生活双方の調和を実現するための手段とされていますこのリモートワークは自分のライフスタイルや自分の人生の価値観に合わせた働き方を実現する一つの手段です

例えば田舎で生活したり家族との時間を昼間は取りたいと考えている方がいたとします。

今までの会社で働くというスタイルだとそれが実現しづらかったですが、このリモートワークを行うことができれば自分で時間をマネジメントすることができます.

このリモートワークを行うことで自分の時間を自分でよりマネージメントすることができます

フクロウくん

自分の働き方に裁量権があるかないかで自分の幸せ度にも関わりあるよね

以前の仕事であれば会社に行かないとできないというスタイルでした。

この場合、自分で時間をマネージメントすることができなかったですが、現在ではそれができるようになっています。

ペンギンくん

時代の変化を本当に感じるよね

生活スタイルの変化から共働きが普通になっています。

また少子高齢化社会によって自分の親が介護が必要という人が増えています。

以前であれば仕事を辞めて介護を行うというスタイルを行っていた人たちが、このリモートワークによって仕事を続けながら介護を行うことができる世の中になっています

また子育ても仕事を休んで育休を使い、子育てを行うなど仕事と育児の両立が以前であれば難しかった世の中でしたがどこでも仕事ができる環境になることで仕事と子育ての両立ができる世の中になってきています

病気になる状態で以前であれば仕事を継続できない状況であった人も、このリモートワークによってより仕事ができる環境になってきています。

リモートワーク大全 /ポプラ社/壽かおりposted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

*本が読む時間がない人には、Audibleがおすすめです。

audibleについてもっと知る

時間やストレスの削減

リモートワークで働くことで以前であれば通勤時間と言う長い時間をかけてわざわざ会社に出社しないといけないという環境であったんですがこのリモートワークによってその通勤電車の満員電車に入る生活もなくなります

このことにより出社や帰宅を行うことでいつも無駄にしていた時間や移動時間というものがなくなり朝の満員電車にで通勤するというストレスがなくなります。

実際に満員電車で毎日1時間無駄にしてるという生活をしている人にとっては一か月で30時間1年で360時間の時間が確保されることになります。

これは本当に大きなことで空いた時間に仕事をすることでより生産性のあることを行うことができます。

このリモートワークによって社会がより自分の都合に合わせて仕事を行い自分の人生をより自分の生きたいように生きることのできる社会になって行きます

実際にこのリモートワークによって家にいる時間が増えたという方はすごい多く家族との時間がより長い時間かけることができるようなったと言われていることもあるようです

また空いた時間を通して趣味を行ったり朝いつもであれば満員電車に揺られる中で会ったのが朝ランニングを行ったりすることもしている人も出てきているようです。

企業にとってのリモートワークのメリット

リモートワークを行うことは企業にとっても大きなメリットがあります実際に妹は行うことにはどんなメリットがあるのでしょうか

  • 生産性の向上
  • コストの削減
  • 企業ブランドイメージの向上
  • 子育てや介護による人材の確保

生産性の向上

リモートワークの導入によって従業員が1人1人に合った環境を自分で作ることができるようになり仕事に対する効率が上がり自分の時間にあった自分のタイミングに合った仕事を行うことができるようになりストレスも軽減されますこのことにより今までかかっていた仕事の工程の時間がより減らすことを行うことができるようになり企業の生産性が向上します

離職防止と人材確保

リモートワークによりどの場所でも同じ仕事ができるような環境を整えることで出産や育児介護病気の治療などによって離職をする必要がなくなります。

実際に優秀な人材が出産や育児介護病気によって今までであれば離職せざるを得ない状況でありましたがこのリモートワークが発達することによって優秀な人材が会場を離れる必要がなくなります。

コスト削減

リモートワーク導入により従業員が出勤をすることによる交通費や宿舎の家賃などがある程度抑制されるためそれにより今までかかっていたコストが削減されます。

また都心であれば仕事をすることによりかかっていた場所代が今まで使っていたスペースが必要なくなりいつもの半分のスペースでよくなるため家賃が減ります。

実際仕事で一番今日お金がかかるのは人件費ですつまり離職が減ることによって新しい人材を探す手間がより減るためにコストの削減ができるようになります。

企業ブランドイメージの向上

リモートワークがしやすい環境であればその場所で働きたいという人が増えますつまりその企業のブランドイメージが向上するのです

そのため優秀な人材がその企業に入りたいと言うようになりより良い循環になっていきます。

優秀な人材が入ることによってより仕事の効率性が上がり大きなプロジェクトや色々な考え方を持った人が流入するようになります

リモートワークで生じるデメリット

リモートワークの導入は確かに働く側や雇う側の両方にメリットがあると言われていますがただデメリットも存在しています。

従業員側と企業側の両方療法のデメリットに注目してそれに対してどう対処することができるだろうかということで紹介していきます

リモートワークによる従業員のデメリットとは

リモートワークは働き方として一つの種類になります実際にデメリットは4つあります。

  • 同僚と話す時間が減る
  • ジョーシン自分の仕事を見てもらう機会が減る
  • 勤務の減らし方が難しい
  • 体を動かす時間が減る

同僚と話す時間が減る

リモートワークを行っていると人と話す時間が減ります。

人と話す時間が減ってしまうとストレスを発散する手段がなくなってしまいます。

実際に新しいものを立ち上げる時に人と話しながらアイデアを膨らませていくことが多いと言われています。

実際にリモートワークを行っていると家に一日中いたり同僚と話す機会が減ってしまいそれかストレスになるということも起こります。

そのためグループとして仕事してると一体感を得るために Slack や WeChat などビジネスチャットで会話を行うことが増えているようです。

業務に集中しにくい

会社で仕事をしたりするスタイルであれば仕事をしに行くことで住んでいる環境と隔絶されているという状況がありますがリモートワークであれば上司の目から離れてしまいどの場所で集中するかということが難しい傾向にあります

ついついサボってしまったりなかなか集中できない人にとってはリモートワークはよくない傾向にあります。

勤務の終わらせ方が難しい

リモートワークのデメリットの一つが家と仕事場との境界が曖昧になってしまうことです

以前であれば就業時間になったら皆が帰るために仕事を終わらせることができていました。

ただ現在はリモートワークの状況であればいつまででも仕事を行うことはできます。

おそらくリモートワークになるとこの時間に終わりこの時間に始まるという区分けがないために自分自身で時間を決めていないといくらでも時間を使ってしまう傾向にあります。 

これを防ぐためには時間を決めることも大事ですが今日はこれだけの仕事を行うというタスクを決めて行う必要ことが大事だと言われています。

体を動かす時間が減る

リモートワークを行うと以前ね会社に行くと言う好意で体を動かしていた人が1日家にいても問題ない環境になってしまいます。

そのため極端に体を動かすことが減ってしまいます。

そのためリモートワークをしていると意識的に体を動かそうとしないと暇になってしまう傾向にあります。

これを防ぐには仕事始まる前に朝ランニングを行ったり意識的に体を動かすことが必要となります。

また体を動かすことはストレスの発散にも大事とされていて意識的に体を動かすことで筋肉にかやエネルギーが消費され夜の眠りに直結するとされています。

リモートワークによる企業側のデメリット

ヨガリモートワークを導入することによってどんなデメリットがあるのでしょうか今回はいくつかのデメリットについて紹介していきますまた合わせてその対処法についても記載していきます

  • 一体感を出すことが難しい
  • 従業員の勤務形態の把握が難しい
  • 仕事の進捗状況の管理が難しい

従業員の勤務形態の把握が難しい

リモートワークで働く社員は何時に仕事を始め何時間仕事をしたということが把握することがかなり難しいとされています実際に監視カメラを置いているわけではないのでどの時間に仕事をしてどの時間に休みを取っているのかという箔かなり難しいです

この勤務形態の把握もどうすれば良いかと言うと勤務形態の管理ツールを使うことであったり実際に実際にどれだけのタスクを行うかによってお金が発生するという報酬ベースの勤務形態にするなどの手段があります

リモートワークで行う企業にとって一番の問題は生産性の低下を防ぎより生産を良くしてくるということです

一体感を出すことが難しい

リモートワークが始まる前に会社で

朝礼をやる事や皆で会議を行うことによってある程度の一体感を出すことができていました。

実際に集団で物事を行うことで一人では行うことができなかったタスクを皆で協力し合って行うなどのが出来ていました

しかしリモートワークを行うとどうしても距離感ができてしまいこの一体感を出すことがかなり難しくなってしまいます

しかしこれは定期的な会議システムや Slack などのチャットツールを使う事によってある程度予防することはできます

また何かプロジェクトをする際に一度集まりその後解散してその後はリモートワークを行うという手段があります。

ペンギンくん

見ず知らずの人とはなかなか難しいよね

やはりリモートワークのデメリットは全く知らない人とはやはりうまくいかないというところにあります。

今まで見知った人であればある程度その人の人格や人柄をしっかり理解することができますがリモートワークはこれが弱い傾向にあります。

仕事の進捗状況の把握が難しい

企業にとって個人個人の仕事がどれだけ進んでるかどうかを把握することがかなり重要とされています。

実際に中間管理職にとって何が一番大事かと言うと一人一人の仕事への効率を上げることが一番大事とされています。

つまりプレイヤーとしてのスキルだけではなくマネージメントスキルが必要になります。

これはリモートワークはなかなか面と向かって一人一人の授業に対してどれだけ住んでるか声をかけることができないためにこの把握が難しいとされています。

しかしタスクプロジェクトや管理ツールを導入することでどれがどれだけ進んでいるかということを数値化することがこの進捗状況の把握に大切とされています。

ペンギンくん

何でも工夫次第だね

このことがしっかりと行えている状況であればリモートワークを行うことはメリットしかありません。

リモートワークを行うにはまとめ

実際に今はいろいろな会社がリモートワークを導入しています

これからも働き方の一つの大きな手段としてコロナが落ち着いたとしてもリモートワークが主流になってくると思います。

これからの時代自分の人生は自分で切り開くという心持がより必要になってくる世の中になってきます。

今まであればステレオタイプの企業で働き企業で一生を終えるという生活が今までの日本ではできていましたが、それが難しくなります。

これから日本の社会は少子高齢化になりより自分自身で何かを生み出さないといけない状況になるためにこのリモートワークを積極的に行う企業はこのこれからの時代に生き残っていくことができるのではないかと思います。

また私自身がより体感しているのはこのリモートワークが主流になってきた時に今まで以上に身体の健康で生きていくというワードがこれから大事になってくるのではないかと感じています。

その中で身体の健康や心の健康を大事にして生きていくことの重要性をより痛感していきます。

参考:働き方改革 厚生労働省HP

ABOUT ME
takadd02
 20代後半の現役医師です。仕事や人生をよりよく変える方法を発信したいと思い情報発信中。 2浪→適応障害になる→医学部→沖縄で2年間勤務→東京→千葉で勤務。 産業医の資格を取得中。 依頼があれば,医療系記事制作します。